多汗症とは?わきがと多汗症・汗の量

多汗症とは?わきがと多汗症・汗の量

多汗症とは?
多汗症とは、文字どうり、多量の汗をかくことでが、汗っかきと多汗症とは別なものです。これを区別するのは、難しいので専門医でないと判断できないこともあります。
多汗症の特徴を簡単に言うならば、「体温調節の必要がない時に、大量の汗を分泌する症状」ということです。
私たちが汗をかくのは、暑いときや運動、食事などによって上昇する体温を調節するための生理的現象です。汗っかきの人は、これらの変化に敏感に反応し、ちょっとしたことで人一倍の汗をかいてしまうのです。
多汗症では、全身に汗をかく「全身多汗症」と、特定の部分にだけ汗をかく「局所性多汗症」があります。「全身多汗症」は急性リウマチやバセドー氏病、結核、婦人病、更年期障害など、ホルモンバランスの著しい乱れなどで起こります。
一方、圧倒的に多い「局所性多汗症」は脇の下や手の平、足の裏、頭部など局所に汗をかくというものです。おもに精神的なストレスなどによって、自律神経のバランスが崩れるために起こります。
汗は精神的な緊張でも分泌されます。しかし、多汗症の場合、その多量の汗をかくために、二次的な症状を生み出すのが問題なのです。

 

>>クリアネオ

 

多汗症の汗はどれくらいか?

わきの下にいつも汗をかいている状態で、着ているものにすぐに汗ジミや黄バミなどができる場合は要注意です。
また、手の平が常にビショビショで、書類の記入や他人との握手がためらわれる、足の裏に大量の汗をかき、強烈なニオイを発するなどが判断基準のひとつと言えます。人と握手するとき、或いは、人の家に靴を脱いで上がる時、日常生活や仕事にも差し支えがある場合があります。
しかし、多汗症はこまめに手入れを心掛けても、自然に治るものではありません。そのため、に必要以上に神経質になり、精神的に辛い思いをしているひとが多いようです。結果それが、原因で人前に出ることを異常に嫌い、やがては対人恐怖症に陥る方もいます。
いずれにしても本人にとって、不快で辛い症状であることは間違いありません。

 

 

わきが(ワキガ)・多汗症の関係

わきがと多汗症は別なものです。わきがはアポクリン汗腺から分泌する汗が原因ですし、多汗症はエリクリン感染から分泌する汗によるものです。
しかし、実際には体質的に併発している方が多いといえます。多汗症はエリクリン汗腺からの汗なので、基本的には汗自体にニオイはありません。しかし、アポクリン汗腺からの汗が、皮膚の常在菌と結びついて発生したわきが臭を増長する役割をしてしまうのです。
特に最近、多い症状としては、緊張や興奮した時に発汗するのはもちろん、日常生活の中で、常にわきの下、手の平、足の裏などが汗ばみ、流れ落ちるほどの汗をかくタイプの多汗症です。
これは精神的、神経的なものによって起こることから考えられます。
こうした場合でも、わきが治療同様に外科手術で症状を解消することができます。

 

多汗症には要注意

汗をたくさんかくだけならそれほど大きな問題になりませんが、その裏に思わぬ病気が潜んでいることもあるので、要注意です。
例えば、高齢者は通常、代謝が低下しますので、汗の量は減少するのが一般的な傾向です。しかし、逆に汗がたくさん出る場合は、なにか疾患を抱えている可能性があります。
微熱を伴う場合などは、感染症が疑われます。また、糖尿病を患っている人が、急に大量の汗をかいた場合、低血糖状態になっていることが考えられ、この場合は、即座に糖分の補給をする必要があります。甲状腺機能亢進症の初期微候でも、異常に汗をかきやすくなります。発汗の他、手の震えや動悸をともなっていないか調べてみてください。
高齢の肥満者で、心機能に負担がかかり過ぎると、ちょっとしたことで大量の汗をかくことがあります。心機能が低下していることも考えられるので、心電図や血圧などの検査をしてみて下さい。脳卒中の後遺症を残す方は、発汗調節機能も障害を受けていますので、部分的な発汗が多く出ます。
また、老年期に入っての様々な不安による自律神経失調症の病状の一つに、発汗異常が見られることがあります。
これらのような症状の場合は、多汗症ではないので、専門医の診察を受け、適切な治療を行うことが大切です。